日本は水資源に恵まれた国で、豊かな森が清らかな涌き水をもたらし、多くの名水が各地にあります。

いづれは世界的に水資源が不足すると言われ、一時期は中国人が水源の森を買いあさっている事が問題になったほどです。

また、日本の浄水技術も優れており、高度浄水処理をした水をすぐにボトリングした水などは、利き水をしても天然水と区別が付かないほどです。

しかし、残念ながらその高度浄水を各家庭に届ける水道管は、老朽化し、断面を見ると水垢や錆で管の穴が細くなっており、時には水道管が割れて水が噴出する事故が起きてもいます。

この改善に向け、日本中の水道管を敷設し直すのに膨大な時間と費用が掛かる事が社会問題化しつつあります。

こうした配水の状況を知ると、やはり生水で飲料に使う場合は、浄水器を通しても水道水は避けようと思ってしまいます。

飲料用の生水はペットボトルの天然水を購入して使用し、お茶やコーヒーなど沸騰させて飲用に使う場合は、浄水器を通した水道水と使い分けを行っています。

水道水も衛生的ですが、美味しい水となると、まだまだ天然水には及びませんネ。